活動報告

介護付有料老人ホーム愛広苑壱番館 ホーム > 活動報告

愛広会壱番館のさまざまな取り組みや活動の中からとびきりのトピックスを掲載しています

2月の活動報告

 

 

節分行事を開催しました


2月3日に毎年恒例の節分行事を開催しました。

 

 

赤鬼、青鬼に変装した職員が順に各フロアを回り、

入居者の皆様には新聞紙で作った豆を鬼に向かって投げていただきました。

 

 

普段レクリエーションにはあまり参加されない方も鬼が登場すると、

力強い声で「鬼は外」と鬼に向かって豆を投げられていました。

 

 

一通り豆まきが終わった後には、鬼と一緒に笑顔で記念撮影を行い、

今年も大変盛り上がった節分行事となりました。

 

 

おやつレクを行いました


2月5日に4階フロアを対象としたおやつレクを行いました。

 

今回はあんみつを皆様に作っていただくため、

材料として、寒天、あんこ、生クリーム、黄桃などをご用意しました。

 

 

ご自分で盛り付けを行える方からは、

あんこや生クリームを盛り付けていただきました。

 

 

あんみつが出来上がると「おいしそうだね」との声も聞かれ、

食べるのを楽しみにされているご様子が伺えました。

 

 

あんみつを食べ終えた後には、「甘くておいしかった」「また食べたいね」と

皆様大変満足されていらっしゃいました。

1月の活動報告

 

新年会を開催しました


1月20日と27日に各フロアごとに新年会を開催しました。

 

1Fホールの入口にお手製の鳥居と鈴、お賽銭箱を用意し、

お参りをしていただいた後、おみくじを引いたり

絵馬にお願いごとを書いていただきました。

 

 

そして最後は獅子舞と一緒に写真をパシャリ。

皆様とても良い表情をされていました。

 

おやつの時間には甘酒をお出しし、初詣やお正月気分を

味わっていただけた新年会となりました。

 

 

歌詠み、絵手紙作りの会を行いました


1月21日は歌詠み、絵手紙作りの会を行いました。

歌詠みの会では見本を参考にしながら、短歌にそれぞれの想いを乗せ、

個性豊かな歌を詠まれていました。

 

 

絵手紙作りでは、季節のお花やくだものなどの絵柄の中から

お好きな題材を選ばれ、綺麗に色付けされたり、

メッセージに思いを込めていました。

 

 

皆様ひとたび作業が始まると真剣な面持ちで取り組まれ、

とても素敵な作品を仕上げられていました。

12月の活動報告

 

クリスマス会を行いました

 

12月16日、23日に各フロアにてクリスマス会を行いました。

 

職員によるキーボードの演奏に合わせて、

入居者様と一緒に「ジングルベル」等の合唱を行いました。

 

 

歌を歌い終えた後に、

サンタクロースとトナカイに変装した職員がサプライズで登場すると、

皆様大変喜ばれ、会場は大盛り上がりとなりました。

 

 

サンタクロースからプレゼントを受け取ると

「これもらっていいの?」「大変ありがたい!」と

喜ばれているご様子も伺えました。

 

 

最後にサンタクロースと記念撮影を行い、

今年も大好評のクリスマス会となりました。

 

 

創作活動を行いました


創作活動としてだるまを作成しました。


まず初めにだるまの形を書いた紙を用意し、

だるまの色をつけていただくために色とりどりの折り紙を

皆様から貼り付けていただきました。

 

 


折り紙で色をつけていただいた後には、

5種類程あるだるまの表情の中から好みの表情を選んでいただき、

最後の仕上げとして紙に貼っていただきました。

 

 


作業を行われている際には、皆様集中されており、

真剣な眼差しで取り組まれていらっしゃいました。

 

 


完成した作品をご覧になられると「縁起もんだね」との言葉も聞かれ

大変満足されているご様子が伺えました。

 

 

11月の活動報告

 

調理レクを行いました


この日は「たこ焼き風ホットケーキ」を作りました。

 

作り方はホットケーキミックスの中にソーセージを入れ、

たこ焼き器で焼き、ホイップクリームやチョコレート、

ヨーグルトソース等をかければ完成です。

 

皆さまにはソーセージの切る作業、たこ焼き器で焼く作業、

ソース作りなどを手伝っていただきました。

 

 

皆さまそれぞれ、お話したり、

周りをきょろきょろ見ながら楽しそうに調理をされていました。

 

 

出来上がると、 皆さんで試食を行い

「甘くて美味しい」「出来立てだから美味しいね」と喜ばれていました。

 

 

 

シェフメニューでお寿司が出ました


11月27日、この日は久しぶりのシェフメニューの日で、

皆さまが大好きなお寿司が出ました。

 

 

この日のネタはマグロ、はまち、ホタテ、蒸し海老、サーモン、卵の6種類です。

 

寿司桶に入れられたお寿司が上がってくると、皆さま自然と表情が明るくなり、

喜びの声が上がっていました。

 

 

そして醤油と、お好みでわさびとガリを添えて召し上がっていただき、

食べながら「美味しいね」「やっぱりお寿司よね」と満面の笑みで

召し上がっていらっしゃいました。

10月の活動報告

 

秋のお茶会を行いました

 

今月は2階と3階にて秋のお茶会を開催いたしました。

茶筅や茶碗などのお茶道具を用意し、入居者様からお茶をたてていただきました。

 

 

当苑では初の試みとなりましたが、以前お茶を習われていた方もいらっしゃり、 皆様馴れた手つきでお茶をたてられておりました。

 

 

お茶をたて終えた後にはおやつのもみじ饅頭と一緒に召し上がっていただきました。

 

お茶の味も程よく、もみじ饅頭とよく合っておいしいとの声が聞かれ、 大変満足されているご様子が伺えました。

 

 

果物狩りを行いました


10月28日に果物狩りを行いました。

 

1階多目的ホールを会場とし、 天井部分に車椅子の方でも採りやすい高さにネットを張り、 事前に色紙や折り紙で作成していた、りんご・なし・柿などを 吊り下げ壱番館オリジナルの果物園を作りました。

 

 

皆様会場に来られると 「よく出来ているね」「すごいね」とおっしゃってくださり、 笑顔で果物を取られていました。

 

 

フロアに戻ってからは、本物のりんご、なし、柿を召し上がっていただき、 「甘くておいしかった」「おいしくておかわりもしたよ」との声も聞かれ 大好評な果物狩りとなりました。

 

9月の活動報告

 

秋の敬老会を行いました


9月16日に秋の敬老会を行いました。

 

敬老会担当職員が各フロアに回り、

入居者様と一緒に「紅葉」「里の秋」「ふるさと」など

秋定番の歌を皆様と合唱しました。

 

 

皆様楽しそうに歌われ、昔を思い出して涙ぐまれる方もいらっしゃいました。

 

 

その後、皆様お一人ずつ作成した、顔写真入りの敬老会ポスターをお渡しし、

受け取った皆様はとても喜ばれていました。

 

コロナ禍で感染対策を徹底しながら、

今後も皆様に楽しんでいただけるような行事を計画していきたいと思います。

 

 

創作活動でコスモスを作りました


9月の創作活動では秋の定番の花のコスモスを入居者様と一緒に作りました。

 

 

皆様にはピンクや白色のテープを10㎝程の間隔でギザギザに切っていただき、

それらを合わせ中心に黄色い丸を張り付ければ綺麗なコスモスの花になります。

 

入居様で手分けして沢山作っていただき、籠の部分も貼り絵で作成し、

見事な立体的なコスモスの花が浮かび上がる巨大ポスターが完成しました。

 

 

別日の習字クラブで入居者様に書いていただいた「秋桜」の文字をタイトルにして

1Fホールに飾らせていただきました。

8月の活動報告

 

アイスレクリエーションを行いました


3階と5階フロアにて、この時期にぴったりなアイスレクリエーションを行いました。

コンフレーク、果物のフルーツソース、チョコソース、パインなどを用意し、

皆様からバニラアイスに好みのトッピングを盛り付けていただきました。

 

 

トッピングを選ばれる際には、 「どれもおいしそうだね」との

声もたくさん聞かれ、丁寧に盛り付けを行われていました。

 

 

完成したアイスを召し上がられると「甘くておいしい」と

皆様表情よくおっしゃられ大変喜ばれているご様子が伺えました。

 

 

納涼祭を行いました


8月26日(水)に毎年恒例の納涼祭を行いました。

 

1階の多目的ホールを利用し、ヨーヨーすくい、金魚すくい、

お化けたたき、紐引き、かき氷などのブースを用意いたしました。

 

 

ヨーヨーすくいや金魚すくいなどのゲームを行われている際には、

皆様白熱されているご様子が伺え笑顔で楽しまれておりました。

 

ゲームを終えてからはかき氷に好みのシロップをかけ召し上がっていただきました。

15時には納涼祭特別おやつとして「水まんじゅう」や「わたようかん」をお出ししました。

 

 

コロナウイルスの影響もあり、中々思うように外出することができませんが、

納涼祭を通じて皆様には夏を感じていただけたのではないかと思います。

 

来年も引き続き、皆様に楽しんで頂けるような納涼祭を企画してまいります。

 

7月の活動報告

 

スイカ割り大会を行いました


7月1日(水)と8日(水)に愛広苑壱番館の夏恒例のスイカ割り大会を行いました。

 

今回も、2階と3階、4階と5階で2日間にわけて行い、

ほぼ全ての方が参加できるように実施しました。

 

今年もまた、例年に負けないような巨大なスイカをご用意し、

皆さんで輪になっていただき、2人ずつに交互に棒でたたいてもらいました。

 


最初はびくともしなかった巨大スイカも、徐々に皆さんの力が加わって、

最後には大きくヒビが入り豪快に割ることが出来ました。

 

 

最後は割ったスイカを細かく切って、皆さんに食べていただき

「夏はスイカだね」「甘くて美味しい」と楽しまれていました。

 

 

ドライブレクを行いました


7月22日(水)市で行っている福祉事業の一環とした「福祉バス」を

用いた ドライブレクを行いました。

 

 

雨が多い時期ではありましたが、その日は皆さんが楽しみにしていたのもあり、

良いお天気での外出になりました。

 

昨年はバスから降りて、施設の見学を行いましたが、 あいにくコロナ禍のため

バスから降りずにドライブといった形になりました。

 

 

ですが、久しぶりの外出とあり、皆さん外の景色を楽しみながら、

「ここは、昔住んでいてね。歩いて来たのよ」

「この道は、リハビリに通っていた時に、よく通ったわ。懐かしいな」と

想いでと一緒に話されていました。

 

開けた窓から聞こえる蝉の声にも負けないくらい、

会話に花が咲いた福祉バスでのドライブでした。

6月の活動報告

 

園芸活動を行いました


6月3日(水)に1階エントランスホールにて朝顔の種まきを行いました。

事前に用意しておいた牛乳パックの空き容器に土をいれる作業から

行い、朝顔の種を植えていただきました。

 

 

新型コロナウイルスの影響で外出できないこともあってか、

作業を行われている際には皆様表情よく楽しそうに取り組まれ、

馴れた手つきで作業を行われていました。

 

 

朝顔の種を植えた牛乳パックは各フロアに持ち帰っていただき、

皆様から日々成長を見守っていただいております。

 

 

 

うちわ作りを行いました


6月29日(月)1階多目的ホールにてうちわ作りを行いました。

 

内容としては、白い紙を貼ったうちわを用意し、

そこに花飾りや星のシールをつけたり、ご自身で文字を書いていただいたりと

デザインしていただきました。

 

 

うちわを作られている際には、お互いに会話をしながら、

和やかな雰囲気で取り組まれていらっしゃいました。

 

 

完成したオリジナルのうちわをご覧になられると、

皆様からは「きれいにできたね」「うまくできた」との声も聞かれ、

お互いに完成したうちわを見せ合いっこしたりと大変満足されている

ご様子が伺えました。

5月の活動報告

 

5月のお楽しみ会について


今月のお楽しみ会は、魚釣りとウナギ釣りのゲームを行いました。

参加者の方々に円形になっていただき、魚釣りとウナギ釣り半々に方に

分かれて行いました。

 

魚釣りは釣竿の糸の先に磁石を付け、クリップの付いた魚を釣り上げます。

魚には種類ごとの点数があり、釣った合計点で競っていただきます。

 

 

ウナギ釣りは、箱にウナギに見立てた細長い新聞紙を大量に入れ、

棒ですくって匹数を競います。

 

 

ゲームを始めると大盛り上がりで、沢山釣り上げて高得点を稼いでいました。

皆様ゲームをしながら「本当に魚が食べたくなってきたわ」と話をされていました。

 

 

ビデオ通話を使った面会について


新型コロナウィルス感染予防の関係で、当苑としても5月の面会制限中の間、

Zoomを使ったビデオ通話を実施し、物品を持参のため来苑された

何組かのご家族に案内を行い、 実際に使用していただきました。

 

 

通話を利用されたご家族様からは

「直接ではないけれど、 映像を通して顔を見ることが出来て良かった」

と好評をいただいています。

 

6月からは、マスク着用、時間制限、人数制限など、一部制限を設けた形で

面会を開始ししますが、 今後も大人数の面会時などはビデオ通話を利用

していただく予定です。

 

今後も感染予防に努めてまいります。