活動報告

介護付有料老人ホーム愛広苑壱番館 ホーム > 活動報告

愛広会壱番館のさまざまな取り組みや活動の中からとびきりのトピックスを掲載しています

2017年3月の活動報告

 

 

歌声喫茶を行いました


歌声喫茶を開催しました。

歌声喫茶は、2週間に1回のペースで、

各フロアから歌や音楽に興味のある入居者様に集まっていただき、開催しております。

 

歌の項目は、季節に合わせた歌を選んだり、

事前に歌に詳しい入居者様と職員とで選んでいき、

内容が決まると、それらの歌詞をファイルにして当日参加者にお配りします。

 

 

また、歌うと喉が渇くため、

コーヒーや紅茶などの簡単な飲み物もご用意して行っております。

知っている歌が載っていると、自然と口ずさむ方も多く、

笑顔が溢れるクラブとなっています。

 

 

調理レクレーションを行いました


今月の調理レクでは、

春の足音も聞こえてくる時期でもあるため「三色団子」作りを行いました。

 

まず白玉粉に絹ごしの豆腐を入れ、入居者の方々にこねていただき、

その後、食紅や抹茶を加えて三色の生地が出来上がりました。

 

そして、出来上がった生地を一口大の大きさに丸めます。

 

 

参加した方々も、丸める際には

「なかなか同じ大きさにならないね」

「綺麗な丸型になったよ」など、

周りの方とおしゃべりをしながら、楽しそうに行っていました。

 

最後は、丸めた団子を茹で、串に刺してきな粉をかけて出来上がりです。

 

 

完成した団子を美味しそうに食べながら、小さな春を感じているご様子でした。

2017年2月の活動報告

 

 

豆まきを行いました


2月3日の節分の日に毎年恒例の豆まきを行いました。

鬼に変装した施設長と相談員が各フロアを回り、

入居者の方々は紙で作った豆を鬼に向かって思い思いに投げていただきました。

 

 

鬼が現れると、力いっぱい豆を投げる方や楽しそうに笑顔で豆を投げられる方もいて、

無病息災を願って一生懸命に鬼を追い払う様子が見られました。

 

 

どのフロアでも大変盛り上がった節分となりました。

 

 

書道クラブを行いました

 

書道クラブには毎回たくさんの方に参加していただいています。

もともと趣味で書道をされていた方や

今まで書いていなかった方が今回初めて試みるなど、様々な方がいらっしゃいます。

 

 

書く文字は、季節にあった言葉として「節分」や「立春」などの言葉を書く方や、

自分の好きな言葉を書く方など様々です。

 

出来上がった作品は1F玄関前に掲示いたしました。

面会に来られたご家族がご覧になったり、

入居者の方が自分の字や他の方が書かれた字を見たいということで

1Fに降りてきて観賞を楽しまれています。

2017年1月の活動報告

 

 

新年会を行いました


1月11日に苑内で新年会を開催しました。

内容としては、お金に見立てた金色の小判をご入居者様ご自身で賽銭箱に入れ、

新年のお参りを行っていただきました。

 

 

また、職員が扮した獅子舞が各フロアを周り、ご入居者様との記念撮影を実施。

 

 

お昼には新年の行事食として、赤飯やお刺身などのお正月らしい料理を揃えて、

折り詰め弁当風にお出ししたり、おやつの時間には甘酒を飲んでいただきました。

 

獅子舞やお参りなど、ご入居者の皆様にお正月の気分を味わっていただけた

新年会となりました。

 

 

新年かるた取りを行いました


今月は、お正月にちなんで、かるた取りを行いました。

 

 

絵柄が見やすい大きなかるたを使用し、

また、手が伸ばしにくい方のために皆様に棒を使って行ってもらいました。

 

かるたの文章が読まれると、参加された方々は夢中になって絵札を探し、

見つけると大きな声で「はい!」と言って、棒でかるたを押さえていました。

 

 

ときには、複数の方で同時に押さえる場面もあり、白熱した闘いとなりました。

普段中々行わない、かるた取りに、皆様とても楽しまれたご様子でした。

2016年12月の活動報告

 

クリスマス会を行いました

今月の19日にクリスマス会を開催しました。
歌や楽器が得意な入居者様数名と職員数名とで音楽隊を結成し、各フロアを回り、この日のために練習した歌や楽器演奏を披露しました。

内容としては合唱で「赤鼻のトナカイ」「ジングルベル」「きよしこの夜」、
職員演奏ではギターと立笛での「もみの木」、4人でハンドベルを使った「もろびとこぞりて」を披露しました。

 

 

また、最後にはサプライズとしてサンタクロースに扮した施設長が登場し、
各入居者皆様にプレゼントと記念撮影を行いました。

 

皆様、歌やプレゼントにとても喜ばれたご様子で、楽しいクリスマス会となりました。


門松を作りました

新年を迎えるにあたり、入居者様も参加しての恒例の門松作りを行いました。
職員の方で竹、南天、松、こもなど必要な材料を調達し、竹を磨く作業などでは入居者様にもご協力いただきました。

また、竹の切り方やこもを縄で縛るときの男縛りの方法など、入居者様から教えていただきながら作成していきました。

門松が完成すると、見学されていた入居者様も「昔はよく作った」「一気に正月気分になったね」などと大変喜ばれていました。

皆様にとってより良い年になるよう願いをこめて、愛広苑壱番館オリジナルの門松を作ることが出来ました。

 

 

2016年11月の活動報告

 

調理レクで手作りのスイートポテト


今回の調理レクではスイートポテトを作りました。

 

入居者の皆様には、さつまいもの皮むき作業、切る作業を分担して行っていただきました。

 

その後、切って茹でたさつまいもにバター、砂糖、塩、牛乳を加え、
すりこぎを使ってこねる作業も皆様にお手伝いしていただきました。

 

 

仕上げに、生地を全員で一口大の大きさに丸めて完成です。

 

スイートポテトはとても上手に出来上がり、
皆様も召し上がりながら「美味しいね」「秋の味だね」などとお話されていました。

 

 

 

野澤民謡ショーさんが来てくれました

 

11月30日ボランティアでおなじみの野澤民謡ショーさんが来てくださり、

新潟でおなじみの「相川音頭」「岩室甚句」などを多数披露していただきました。

 

 

観賞されていた入居者の皆様も自然と口ずさんだり、手拍子をしたり、
踊りにあわせて手を動かされていらっしゃいました。

 

 

懐かしい歌が流れると自然と笑顔がこぼれ、とても楽しまれたご様子でした。

 

野澤民謡ショーさんには、何度もお越しいただいていていますが、
毎回少しずつ違った演目を披露してくれるのでいつも楽しませていただいております。

2016年10月の活動報告

 

ぶどう狩りを行いました!!

 

10月5日に苑内で初の試みとなる“ぶどう狩り”を行いました。

 

1Fの多目的ホールの天井部分に、ぶどうのつるをイメージした

緑のネットを張り、小分けにした巨峰やマスカットを網にかけ、

壱番館だけの小さなぶどう園を製作しました。

 

 

入居者の方々は、苑内に出来たぶどう園を見てとても

驚かれていましたが、美味しそうなぶどうを自分の手で取っていくと

「まるで本当のぶどう狩りのようだ」と大喜びされていました。

 

 

採ったぶどうは休憩所で皆さんで召し上がり、

秋のぶどう狩りを楽しんでいただきました。

 

 

 

~園児や専門学校生、小学生~

いろいろなボランティアさんが来てくれました!


10月はいろいろなボランティアの方々が壱番館に来苑された月でした。

 

7日には近所の入船保育園の園児さん達が慰問に来られ、

歌を披露したり、折り紙で作ったプレゼントを持ってきてくださいました。

 

 

また21日には国際ビューティーモード専門学校から学生さんが来られ、

入居者の方々にメイク、ネイル、ハンドマッサージを使った交流を

していただきました。

 

26日には近所の日和山小学校から、総合学習の一環として生徒さん達が来苑し、

生徒さん達が事前に考えたゲームや遊び等を入居者の方々と一緒に

行っていただきました。

 

 

普段とは違う人達との交流に、入居者の方々もとても楽しまれているご様子でした。

 

2016年9月の活動報告

 

 

 

歌謡ショーを行いました!


9月9日にボランティア団体「自遊心」さんにお越しいただき、
演奏会を開催いたしました。

 

 

入居者様の年代に馴染みのある曲を歌っていただき、
曲に合わせて一緒に歌ったり手拍子をしたりと皆様に笑顔がこぼれ、
とても楽しんでいるご様子でした。

 

職員としても、普段なかなか見られない動きや表情をされる入居者様が多く
見られたのが印象でした。

 

 

敬老会を行いました

 

9月14日に敬老会を開催しました。

 

今までは1Fの多目的ホールや玄関ロビーなどで行っていましたが、

今回は2F、4F、5Fの各フロアにそれぞれ「カキ氷・アイス屋」
「たこ焼き・ポテト屋」「射的・輪投げコーナー」のブースを置き、
入居者様に色々なフロアをまわっていただく形で行いました。

 

さらに1F多目的ホールでは紅白幕や折り紙などで装飾し、
軽食スペースを設け、上のフロアで作ってもらった食べ物を
召し上がっていただきました。

 

 

また、入居者様全員にゲームの賞品と敬老会の記念として作製した
顔写真入りの賞状を施設長から直接お渡しいたしました。

 

 

賞品や賞状を受け取った入居者様は、とても嬉しそうに喜んでいる様子が
見られました。

2016年8月の活動報告

 

 

 

スイカ割り大会を行いました!

 

夏の風物詩であるスイカ割りを行いました。

 

 

皆さま、棒を大きく振り上げてスイカ目掛けて勢いよく叩いていました。

「えいや!!」「なかなか割れないね」と皆さま熱中してスイカを叩いていました。

 

皆さま一通り叩いてもらったら、そのスイカを切り分けて召し上がっていただきました。

「夏はやっぱりこれだね」「冷たくておいしい」という声が多く聞かれていました。

 

 

ゴーヤを収穫しました!

 

6月から植え始めたゴーヤが成長して大きくなりました。

 

入居者の皆様も成長したゴーヤを見て「あんなに小さかったのに早いもんだ!」と

驚かれていました。

 

 

皆さまにはハサミでゴーヤを茎から切っていただき、収穫作業をお手伝いただきました。

 

収穫したゴーヤは、お部屋やホールなどに飾り、黄色く変色してきたら種を採取し、

来年にむけて保管します。

 

 

また、今年も綺麗に咲いたひまわりを何本か切って花瓶に生け、

エントランスホールや各フロアに飾り、入居者の皆さまにも見ていただきました。

 

2016年7月の活動報告

 

 

子供神輿が来ました


7月は近くの神社でお祭りがあり、

町内の子どもたちがお神輿を担いで当苑に来てくれました。

 

子どもたちの来苑に、たくさんの入居者様が1階のエントランスに集まりました。

 

 

はっぴ姿の小さな子ども達を見ると自然と笑顔を浮かべられ、

子どもたちから手作りの首飾りのプレゼントを首にかけてもらうと

「ありがとう」「うれしい」と大喜びされていました。

 

 

野澤民謡ショーが来ました


今月のボランティアは野澤民謡ショーさんに来ていただきました。

 

 

曲に合わせて手拍子をしたり、手で曲に合わせて踊ったり、

もっとよく観たいからと体を前に乗り出して鑑賞されている方も

いらっしゃいました。

 

一緒に歌ったりしてご入居者の皆様にも笑顔がこぼれ、

とても楽しんでいるご様子でした。

 

野澤民謡ショーさんには何度もお越しいただいていますが、

毎回少しずつ変わった演目を披露してくれるので、

いつも楽しませていただいています。

 

 

グラジオラスが花を咲かせました


 

日和山小学校の5年生が寄付してくれたグラジオラスが花を咲かせました。

 

一部は花瓶に移しエントランスホールに飾りました。

 

色々な色を咲かせるので皆様次はどんな色の花が咲くのか毎日楽しみにしています。

2016年6月の活動報告

 

 

調理レクを行いました


今月の調理レクでは白玉団子を作りました。

餡は、ずんだとみたらしの2種類を作りました。

 

ずんだ餡は枝豆を一つ一つ豆を出してもらい、それを細かくすりつぶしていきます。

 

調理に参加された方からは、

「枝豆を細かくすりつぶす作業が意外と大変だった」との声が聞かれました。

 

そして最後は職員が額に汗を流しながら枝豆を細かくすりつぶし、完成しました。

 

入居者の皆様には、ずんだとみたらし2種類の味を楽しんでいただきました。

 

 

 

歌のボランティアが来ました


今回は麗輝波羅詩余の会の方々が歌を披露しに来てくださいました。

 

馴染みのある曲を歌っていただき、曲に合わせて手拍子をしたり、

一緒に歌ったりと皆様にも笑顔がこぼれ、とても楽しんでいる様子でした。

 

また、曲に合わせて入居者の方が職員を引き連れ踊り始めたので

会場は盛り上がり、皆様大変喜ばれていました。

 

 

 

グラジオラスが芽を出してきました


日和山小学校の5年生が寄付してくれたグラジオラスの球根が芽を出してきました。

 

毎回、入居者の皆様と水やりを行い芽の成長を楽しみにしています。